リモートデスクトップポートの変更

  • RegEdit でポート番号を変更する。
    ポート番号をデフォルト値(3389)に戻す設定ファイル fileRDPPort-Default.zip
    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp]
    "PortNumber"=dword:00000d3d
  • ファイアウォールも変更後のポート番号を開放しておくこと。
  • 設定変更後、要再起動。

ユーザにリモートデスクトップ接続を許可する

  • 「コンピューターの管理 - ローカルユーザーとグループ - グループ - Remote Desktop Users」を開き、該当ユーザを追加する。
  • Administrators グループに属しているユーザは、既定でリモートデスクトップ接続が許可されている。

リモートデスクトップクライアント(RDC)からCtrl+Alt+Del

  • 「Ctrl+Alt+Del」ではローカル側のセキュリティダイアログが開いてしまうので、代わりに「Ctrl+Alt+End」を押す。

リモートから起動

  • CPAN:Net-WakeでMACアドレスを指定してマジックパケットを送信する。
    perl -MNet::Wake -e "Net::Wake::by_udp(undef,'XX:XX:XX:XX:XX:XX')"
    • NetAwake.bat
      @echo off
      perl -MNet::Wake -e "Net::Wake::by_udp(undef,'%1')"
    • バッチファイルのショートカットを作り、リンク先を変更する。
      "C:\Program Files\_Etc\NetAwake.bat" "XX:XX:XX:XX:XX:XX"
  • BIOS メニューから Wake-On-LAN を許可しておく。
  • 「デバイスマネージャ - ネットワークアダプタ - 該当NIC」のプロパティの「電源の管理」タブで、「このデバイスでコンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」にチェックを入れる。
    • 「Magic Packet でのみ、コンピュータのスタンバイ状態を解除できるようにする」があればそれもチェックする。

コマンドプロンプトからシャットダウン

プログラムからコンピュータをロック状態にする

UltraVNC で Ctrl+Alt+Del が効かない

  • Vista以降は UAC によって Ctrl+Alt+Del が制限されている。
    UAC is Disable, make registry changes to allow cad
  1. 「ファイル名を指定して実行」から「gpedit.msc」を起動。
  2. 「コンピューターの構成 - 管理用テンプレート - Windows コンポーネント - Windows ログオンのオプション」を開く。
  3. 「ソフトウェアの Secure Attention Sequence を無効または有効にする」を開く。
  4. 「有効」「サービスとコンピューターの簡単操作アプリケーション」を選択し適用する。

Kasperksy が OpenVPN をブロックする

  1. クライアント PC の Kaspersky で「設定 - プロテクション - ファイアウォール - ネットワーク」を開く。
  2. 「TAP Windows-Adapter V9」を編集する。
  3. 「サブネットワーク」に接続先のソーンを登録する。
    例) 192.168.0.0/24

RemoteFX USB デバイス リダイレクト

RDP Wrapper Library


添付ファイル: fileShutdownShortcuts.zip 213件 [詳細] fileRDPPort-Default.zip 388件 [詳細]

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 04 Apr 2017 20:46:09 JST (234d)