概要

  • 空白を含む引き数をループ処理する場合、ダブルクォーテーションでくくる必要がある。

ソース

  0
  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
 10
 11
 12
 13
 14
 15
 16
 17
 18
 19
 20
 21
 22
 23
 24
 25
 26
 27
 28
 29
 30
#!/bin/bash
 
echo "for arg in \$@:"
for arg in $@
do
  echo "${arg}"
done
 
echo
 
echo "for arg in \$*:"
for arg in $*
do
  echo "${arg}"
done
 
echo
 
echo "for arg in \"\$@\":"
for arg in "$@"
do
  echo "${arg}"
done
 
echo
 
echo "for arg in \"\$*\":"
for arg in "$*"
do
  echo "${arg}"
done

実行結果

$ ./testArg.sh "aaa bbb" 'ccc ddd' eee\ fff
for arg in $@:
aaa
bbb
ccc
ddd
eee
fff

for arg in $*:
aaa
bbb
ccc
ddd
eee
fff

for arg in "$@":
aaa bbb
ccc ddd
eee fff

for arg in "$*":
aaa bbb ccc ddd eee fff

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 19 Jul 2013 00:50:19 JST (1796d)