直交表出力のサンプル

  • 2因子各3水準と3因子各3水準の場合の直交表をファイル出力。
  • スクリプト読み込み&実行
    すべてを展開すべてを収束
      1
    
     
    
     source("makeOA.R", encoding="utf-8"); makeOA();
  • filemakeOA.zip
    すべてを展開すべてを収束
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
     10
     11
     12
     13
     14
     15
     16
     17
     18
     19
     20
     21
     22
     23
     24
     25
     26
     27
     28
    
    -
    |
    |
    |
    |
    |
    |
    |
    |
    -
    -
    |
    |
    !
    |
    !
    |
    |
    -
    -
    |
    |
    |
    !
    |
    !
    |
    !
    
    makeOA <- function(){
        # 直交表(orthogonal arrays)をファイルに書き出し
     
        library("DoE.base");
     
        species <- c("品種1", "品種2", "品種3");
        compost <- c("少", "中", "多");
        field <- c("A", "B", "C");
     
        table1 <- oa.design(
            factor.names = list(
                species = species,
                compost = compost
            ),
            seed = 1
        );
        write.table(table1, file="oa1.tsv", sep="\t");
     
        table2 <- oa.design(
            factor.names = list(
                species = species,
                compost = compost,
                field = field
            ),
            seed = 1
        );
        write.table(table2, file="oa2.tsv", sep="\t");
    }

makeOA2

  • 因子と水準を読み込み、直交表を書き出す
  • スクリプト読み込み&実行
    すべてを展開すべてを収束
      1
      2
    
     
     
    
    source("makeOA2.R", encoding="utf-8");
    makeOA("L9_3-4.txt");
  • filemakeOA2.zip
    すべてを展開すべてを収束
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
     10
     11
     12
     13
     14
     15
     16
     17
     18
     19
     20
     21
     22
    
    -
    |
    |
    |
    |
    |
    |
    |
    -
    |
    |
    |
    !
    |
    |
    -
    |
    |
    !
    |
    |
    !
    
    makeOA <- function(file){
        # 因子と水準を読み込み、直交表(orthogonal array)を書き出す
     
        library("DoE.base");
     
        lines <- scan(file=file, list(lines=""), sep="\n", fileEncoding="utf-8")[["lines"]];
        items <- vector("list", length(lines));
        factors <- vector("list", length(lines));
        for(i in seq_along(lines)){
            tmp <- strsplit(lines[i], split="\t");
            factors[[1]][i] <- tmp[[1]][1];
            items[[i]] <- tmp[[1]][-1];
        }
        names(items) <- factors[[1]];
     
        table1 <- oa.design(
            factor.names = items,
            seed = 1
        );
        write.table(table1, file="oa.tsv", sep="\t");
        return(table1);
    }

サンプル L9_3-4.txt

  • 4因子各3水準の場合
  • 入力
    会員種別	ゲスト	通常会員	プレミアム
    配送方法	通常	お急ぎ	コンビニ受取
    決済方法	クレジットカード	コンビニ	銀行振込
    ブラウザ	IE	Chrome	Firefox
  • 出力
    会員種別配送方法決済方法ブラウザ
    1ゲストコンビニ受取コンビニFirefox
    2プレミアムコンビニ受取銀行振込IE
    3通常会員お急ぎコンビニIE
    4通常会員コンビニ受取クレジットカードChrome
    5ゲストお急ぎ銀行振込Chrome
    6通常会員通常銀行振込Firefox
    7プレミアムお急ぎクレジットカードFirefox
    8プレミアム通常コンビニChrome
    9ゲスト通常クレジットカードIE
  • DoE.base Full factorials, orthogonal arrays and base utilities for DoE packages.

添付ファイル: filemakeOA2.zip 141件 [詳細] filemakeOA.zip 143件 [詳細]

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 25 Oct 2014 12:06:53 JST (1180d)