パッケージ追加

  • GNOME のインストール
    # yum groupinstall "デスクトップ" "X Window System"
  • vnc-server のインストール
    # yum install tigervnc-server xinetd
  • vnc クライアントのインストール
    # yum install tigervnc
    • Ctrl+Alt+Del シグナルの送信
      F8 でメニューを出して「Send Ctrl-Alt-Del」を選択する。

gdm

  • /etc/gdm/custom.conf (抜粋)
    [security]
    AllowRoot=false
    AllowRemoteRoot=false
    
    [xdmcp]
    Enable=true
    
    [greeter]
    IncludeAll=false
    Exclude=root

xinetd

  • /etc/xinetd.d/vnc
    service vnc-1280x1024x16
    {
    	disable		= no
    	type		= UNLISTED
    	port		= 5900
    	socket_type	= stream
    	wait		= no
    	user		= nobody
    	group		= tty
    	server		= /usr/bin/Xvnc
    	server_args	= -inetd -query localhost -once -SecurityTypes None -geometry 1280x1024 -depth 16
    	only_from	= 192.168.0.0/24 10.8.0.0/24
    	log_on_failure	+= USERID
    }
  • xinetd の再起動
    • CentOS 7
      # systemctl restart xinetd.service
    • CentOS 6
      # service xinetd restart

xrdp

  • Windows クライアントから RDP で CentOS サーバにアクセス可能。
  • インストール (EPEL)
    # yum install -y xrdp
  • サービス登録
    # systemctl enable xrdp
    # systemctl start xrdp

ファイアウォール設定

  • CentOS 7
    # firewall-cmd --permanent --add-service=vnc-server
    # firewall-cmd --permanent --add-service=ms-wbt
    # firewall-cmd --reload

SSHポート転送

  • SSHポート転送を通すことでファイアウォールを開けなくても接続できる。
    • SSHポート転送を使う場合、接続元IPアドレスがサーバのIPアドレスとなるので、only_fromでサーバIPアドレスを許可しておく。
    • ログ確認
      # tail /var/log/messages

TeraTerm での設定例

  1. 「設定 - SSH転送」を選択。
  2. 「追加」ボタンをクリック。
  3. 転送設定
    向きローカルのポート
    ローカルのポート任意(既存のサービスと衝突しないこと)
    リッスンlocalhost
    リモート側ホストサーバのIPアドレスまたはネットワーク名
    ポート5900
  4. 「OK」ボタンをクリック。
  5. 「リモートの(X)アプリケーションをローカルのXサーバに表示する」はチェックする必要なし。
  6. 「OK」ボタンをクリック。
  7. 「設定 - 設定の保存」で「TERATERM.INI」として保存。

PortForwarder での設定例

  1. 適当なフォルダにzipファイルの内容を展開する。

    %ProgramFiles%/PortForwarder/
  2. 設定ファイルと秘密鍵ファイルを1つのフォルダに入れる。

    %USERPROFILE%/.ssh/
  3. 設定ファイル pf_config.txt 例

    # ホスト別設定
    
    host RemoteRepo1
    	user user1
    	hostname repo1.example.com
    	port 22
    	identityfile id_rsa.repo1.example.com
    	LocalForward 5901 repo1:5900
    
    host RemoteRepo2
    	user user2
    	hostname repo2.example.com
    	port 22
    	identityfile id_rsa.repo2.example.com
    	LocalForward 5902 repo2:5900

バグ


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 05 Jun 2018 11:28:20 JST (77d)