Fedora 13

ネットワークの設定

  • /etc/sysconfig/network
    NETWORKING=yes
    HOSTNAME=srv1.TakeAsh.net
    DOMAINNAME=TakeAsh.net
    GATEWAY=192.168.0.1

yumの設定

自動的に近いミラーを参照するようにする

# yum -y install yum-plugin-fastestmirror

パッケージのアップデートと自動更新の設定

# yum install yum-cron
# service yum-cron start
# chkconfig --list yum-cron
# chkconfig yum-cron on
# chkconfig --list yum-cron

vncの設定

vnc serverのインストール

# yum install vnc-ltsp-config

gdmの設定

  • /etc/gdm/custom.conf (抜粋)
    [xdmcp]
    Enable=true
    
    [greeter]
    IncludeAll=false

xinet.d

  • /etc/xinetd.d/vncts (抜粋)
    service vnc-1024x768x16
    {
    	disable		= no
    	type		= UNLISTED
    	port		= 5900
    	socket_type	= stream
    	wait		= no
    	only_from	= 192.168.0.0/24 10.8.0.0/24
    	user		= nobody
    	group		= tty
    	server		= /usr/bin/vncts
    	server_args	= -geometry 1024x768 -depth 16
    }
  • xinetd の再起動
    # service xinetd restart

ファイアウォール設定

  1. 「システム/管理/ファイアーウォール」を起動。
  2. 「その他のポート」を選択。
  3. 「追加」をクリック。
  4. 「5900/TCP/vnc-server」を選択。
  5. 「OK」をクリック。
  6. 「適用」をクリック。

Postfixの設定

  • 自ドメイン内に主メールサーバがある場合、mydestination には $mydomain を含めない。
  • 転送設定を反映させるために postalias を実行した後、サービスを再起動する。
    # postalias hash:/etc/aliases
    # service postfix restart

Sambaの設定

インストール

# yum install samba

共有用フォルダ

# cd /home
# mkdir Shared
# chown nobody:nobody Shared
# chmod 777 Shared

設定

  • /etc/samba/smb.conf (抜粋)
    [global]
    	dos charset = CP932
    	unix charset = UTF-8
    	display charset = UTF-8
    
    	workgroup = WORKGROUP
    
    	hosts allow = 127. 192.168.0. 10.8.0.
    
    	security = user
    
    [homes]
    	browseable = no
    	writable = yes
    	valid users = %U
    
    [Shared]
    	path = /home/Shared
    	read only = no
    	browseable = yes
    	valid users = {アクセスを許可するユーザのリスト}
    	share modes = yes
    	dos filetimes = yes

サービス設定

# chkconfig --list smb
# chkconfig smb on
# chkconfig --list smb
# service smb restart
# chkconfig --list nmb
# chkconfig nmb on
# chkconfig --list nmb
# service nmb restart

ファイアウォール設定

  1. 「システム/管理/ファイアーウォール」を起動。
  2. 「信頼したサービス」を選択。
  3. 「Samba」「Sambaクライアント」にチェックを入れる。
  4. 「OK」をクリック。
  5. 「適用」をクリック。

SELinux設定

  1. 「システム/管理/SELinux Management」を起動。
  2. rootパスワード入力。
  3. 「選択: ブーリアン値」を選択。
  4. 「Module: samba」の「Allow samba to share any file/directory read/write.」にチェックを入れる。
  5. SELinuxの変更を反映させるため、Fedoraを再起動。

logwatch設定

  • インストールされているかどうか確認
    # rpm -qa | grep logwatch
  • インストール
    # yum install logwatch

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 04 Dec 2011 19:21:55 JST (2451d)