言語設定

  • /etc/sysconfig/i18n
    LANG="ja_JP.UTF-8"
    SYSFONT="latarcyrheb-sun16"
    SUPPORTED="ja_JP.UTF-8:ja_JP:ja"
  • ~/.bashrc に追加
    export LANG=ja_JP.UTF-8
  • 日本語サポートパッケージ追加
    # yum groupinstall "Japanese Support"

IPv6 無効化

  1. /etc/sysctl.conf に追加。
    net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1
    net.ipv6.conf.default.disable_ipv6 = 1
  2. /etc/sysconfig/network に以下を追加。
    NETWORKING_IPV6=no
  3. /etc/modprobe.d/disable-ipv6.conf を新規作成。
    options ipv6 disable=1
  4. OS から再起動。
    • 「service network restart」では反映されない。

Postfix エラー対応

  • /etc/postfix/main.cf 修正。(all だと IPv4,IPv6 の両方を有効にしようとするので、IPv4 のみ有効にする)
    #inet_protocols = all
    inet_protocols = ipv4

Dovecot 起動失敗対応

  • /etc/dovecot/dovecot.conf に追加。(IPv4のみ有効)
    listen = *

スケルトン設定

  • ssh
    # mkdir /etc/skel/.ssh
    # chmod 700 /etc/skel/.ssh
  • ftp
    # mkdir /etc/skel/etc
    # cp /etc/localtime /etc/skel/etc/
  • dovecot
    # mkdir -p /etc/skel/Maildir/{new,cur,tmp}
    # chmod -R 700 /etc/skel/Maildir/

ssh

  • 公開鍵, 秘密鍵作成 (該当ユーザとして作業する)
    # su anyone
    $ cd ~/.ssh/
    $ ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "your_email@example.com"
    Enter file in which to save the key (/home/anyone/.ssh/id_dsa): [Enter](変更なし)
    Enter passphrase (empty for no passphrase): <パスフレーズ>を入力
    Enter same passphrase again: <パスフレーズ>確認
    ...
    $ ls -l  (id_dsa, id_dsa.pub の2つができていることを確認)
    $ mv id_dsa.pub authorized_keys
    $ cat id_dsa  (秘密鍵をローカルに保存するため表示)
    $ rm id_dsa  (TeraTerm等でログインできることを確認した後削除)
    $ exit

ブートメッセージ表示

  • /etc/grub.conf
    「kernel」行の中の「rhgb quiet」を削除すると、ブート時にメッセージが表示されるようになる。

プロキシ設定

postfix

リレー設定

  • /etc/postfix/isp_passwd
    [mail.example.com] isp_acount:isp_password
  • パスワードDB作成
    # postmap /etc/postfix/isp_passwd
  • /etc/postfix/main.cf
    relayhost = [mail.example.com]
    smtp_sasl_auth_enable = yes
    smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/isp_passwd
    smtp_sasl_security_options = noanonymous
    smtp_sasl_mechanism_filter = plain, login

ディスプレイ設定

Out of Range

  • CPU切替器(KVM)は高解像度に対応しているのにモニタがその解像度に対応していないため、「Out of Range」となり画面が映らない場合、Xorgでモニタの対応周波数を指定する。ブート途中は画面が映らないが、Xorg 起動後は正常に表示される。
  1. /etc/inittab を編集し、Run Level を 5 から 3 に変更。
  2. Reboot
  3. xorg.conf の雛形を作成。
    # Xorg -configure
  4. 雛形を既定のディレクトリへ移動
    # mv /root/xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf
  5. SELinux が有効の場合はラベルし直し
    # restorecon -v /etc/X11/xorg.conf
  6. /etc/X11/xorg.conf の Section "Monitor" にモニタがサポートしている走査周波数(水平/垂直)を追加する。
    Section "Monitor"
    	Identifier	"Monitor0"
    	VendorName	"Monitor Vendor"
    	ModelName	"Monitor Model"
    	HorizSync	40-70
    	VertRefresh	48-85
    EndSection
  7. /etc/X11/xorg.conf の SubSection "Display" にモニタがサポートしている解像度を追加する。
    Section "Screen"
    	Identifier "Screen0"
    	Device     "Card0"
    	Monitor    "Monitor0"
    	SubSection "Display"
    		Viewport   0 0
    		Depth     1
    	EndSubSection
    (中略)
    	SubSection "Display"
    		Viewport   0 0
    		Depth     16
    		Modes "1280x1024" "1024x768" "800x600"
    	EndSubSection
    	SubSection "Display"
    		Viewport   0 0
    		Depth     24
    		Modes "1280x1024" "1024x768" "800x600"
    	EndSubSection
    EndSection
  8. /etc/inittab を編集し、Run Level を 3 から 5 に戻す。

  9. Reboot

nouveau ドライバ障害

  • 共有ライブラリが正しくインストールされず、X の画面が映らない。
    # grep "(EE)" /var/log/Xorg.0.log
    (EE) AIGLX error: dlopen of /usr/lib64/dri/nouveau_dri.so failed (/usr/lib64/dri/nouveau_dri.so: cannot open shared object file: No such file or directory)
    (EE) AIGLX: reverting to software rendering
  • nouveau ドライバをアンインストールし、ELRepo から nVidia ドライバをインストールする。
    # yum erase xorg-x11-drv-nouveau
    # yum install nvidia-detect
    # yum install $(nvidia-detect)
  • 上記「Out of Range」と同様に xorg.conf を更新する。
    「Section "Device"」の「Driver "nv"」が「Driver "nvidia"」になっていれば成功。
  • /etc/modprobe.d/blacklist.conf に「blacklist nouveau」を追加する必要があるかも。

SELinux

リポジトリ追加

  • yum-plugin-priorities のインストール
    # yum -y install yum-plugin-priorities
  • /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
    標準リポジトリを優先するため、「priority=1」を追加。
    [base]
    name=CentOS-$releasever - Base
    mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os
    #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
    gpgcheck=1
    gpgkey=http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
    priority=1
    
    #released updates
    [updates]
    name=CentOS-$releasever - Updates
    mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates
    #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
    gpgcheck=1
    gpgkey=http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
    priority=1
    
    #additional packages that may be useful
    [extras]
    name=CentOS-$releasever - Extras
    mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras
    #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/extras/$basearch/
    gpgcheck=1
    gpgkey=http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
    priority=1
  • EPELリポジトリのインストール
    最新版を確認すること。
    http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/
    # rpm -ivh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
    # yum -y update epel-release
  • RPMforgeリポジトリのインストール
    最新版を確認すること。
    http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/
    # rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
    # yum -y update rpmforge-release
  • Adobe リポジトリのインストール
    # rpm -ivh http://linuxdownload.adobe.com/adobe-release/adobe-release-x86_64-1.0-1.noarch.rpm
    # rpm --import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-adobe-linux
    • Flash Player のインストール
      # yum install flash-plugin nspluginwrapper alsa-plugins-pulseaudio libcurl
  • ELRepo のインストール
    http://elrepo.org/
    # rpm --import https://www.elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
    # rpm -Uvh http://www.elrepo.org/elrepo-release-6-6.el6.elrepo.noarch.rpm
    • nVidia ドライバの検出とインストール
      nvidia-detect
      # yum install nvidia-detect
      # yum install $(nvidia-detect)

fail2ban

  • インストール (epel リポジトリ)
    # yum install fail2ban jwhois
  • /etc/fail2ban/jail.conf
    「example.com」を自ドメインに変更。
    vi で一括置換
    :%s/you@example\.com/root@TakeAsh.net/g
    :%s/example\.com/svr1.TakeAsh.net/g
    必要なら ssh 以外についても「enabled = true」にする。
    [ssh-iptables]
    enabled  = true
    filter   = sshd
    action   = iptables[name=SSH, port=ssh, protocol=tcp]
               sendmail-whois[name=SSH, dest=root, sender=fail2ban@example.com]
    logpath  = /var/log/secure
    maxretry = 5
    「アクセス禁止時間」は「bantime」で指定。(秒単位)
    # "bantime" is the number of seconds that a host is banned.
    bantime  = 3600
  • サービス設定
    # chkconfig --list fail2ban
    # chkconfig fail2ban on
    # chkconfig --list fail2ban
    # service fail2ban start

tripwire

インストール (EPELリポジトリ)

# yum install tripwire
# tripwire-setup-keyfiles

Suckit誤検知

  • エラーメッセージ
    for Suckit rootkit... Warning: /sbin/init INFECTED
  • 原因
    upstart パッケージの更新により、/sbin/init のメモリマップに「(deleted)」が付加される。
  • 改竄されていないことの確認
    下記を実行して何も表示されなければ、パッケージと実行ファイルとの差は無い。
    # rpm -V `rpm -qf /sbin/init`
  • /usr/lib64/chkrootkit-0.49/chkrootkit
    --- chkrootkit.2014-02-26       2014-02-26 02:51:45.000000000 +0900
    +++ chkrootkit_Suckit_patched   2014-03-18 09:21:41.458943399 +0900
    @@ -983,7 +983,10 @@
           if [ ${SYSTEM} != "HP-UX" ] && ( ${strings} ${ROOTDIR}sbin/init | ${egrep} HOME  || \
                  cat ${ROOTDIR}/proc/1/maps | ${egrep} "init." ) >/dev/null 2>&1
             then
    -        echo "Warning: ${ROOTDIR}sbin/init INFECTED"
    +          if  ! rpm -V `rpm -qf /sbin/init` >/dev/null 2>&1;
    +          then
    +            echo "Warning: ${ROOTDIR}sbin/init INFECTED"
    +          fi
           else
              if [ -d ${ROOTDIR}/dev/.golf ]; then
                 echo "Warning: Suspect directory ${ROOTDIR}dev/.golf"
  • chkrootkit のSuckit誤検知の修正 @ パソコン鳥のブログ

vsftpd

  • vsftpd は chroot 下では、シンボリックリンクを辿れない。
  • 「mount --bind」なら chroot 下でも動作する(rebootすると設定が失われる)。
    # mount --bind /var/www/html/somefolder /home/user1/somefolder
  • /etc/fstab で設定すると、reboot しても設定が失われない。
    /var/www/html/somefolder /home/user1/somefolder none bind 0 0

lftp

  • FTP client
  • インストール
    # yum install lftp

ClamAV

  • 隔離されたファイルを元の場所に戻す bash スクリプトを出力する perl スクリプト
    ファイルのオーナーは root に変わっちゃってるけど、これはどうしたもんか。
    fileletUnjail.zip
    すべてを展開すべてを収束
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
     10
     11
     12
     13
     14
     15
     16
     17
     18
     19
     20
     21
     22
     23
     24
     25
     26
     27
     28
     29
     30
     31
     32
     33
     34
     35
     36
     37
     38
     39
     40
     41
     42
     43
     44
    
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    -
    -
    |
    -
    -
    |
    !
    |
    !
    !
    |
    |
    |
    |
    |
    |
    |
    
    #!/usr/bin/perl
    # ClamAV で隔離されたファイルを元に戻す bash スクリプトを出力する。
     
    use strict;
    use warnings;
    use utf8;
    use Encode;
     
    my $charsetConsole    = 'UTF-8';
    #my $charsetConsole	= 'CP932';
    my $charsetFile        = 'UTF-8';
     
    binmode( STDIN,  ":encoding($charsetConsole)" );
    binmode( STDOUT, ":encoding($charsetConsole)" );
    binmode( STDERR, ":encoding($charsetConsole)" );
     
    my $fileNameIn = shift or die("usage: letUnjail.pl <jail.log>\n");
    my $fileNameOut = 'unjail.sh';
     
    open( my $fhIn, '<', $fileNameIn ) or die( "$fileNameIn: $!\n" );
    binmode( $fhIn, ":encoding($charsetFile)" );
     
    open( my $fhOut, '>', $fileNameOut ) or die( "$fileNameOut: $!\n" );
    binmode( $fhOut, ":encoding($charsetFile)" );
    print $fhOut "#!/bin/bash\n\n";
     
    my %virusNames = ();
    while( my $line = <$fhIn> ){
        if ( $line =~ m{^([\s\S]+):\s([\s\S]+)\sFOUND\s*$} ){
            $virusNames{$1} = $2;
        } elsif ( $line =~ m{^([\s\S]+):\smoved\sto\s'([\s\S]+)'\s*$} ){
            if ( my $virusName = $virusNames{$1} ){
                print $fhOut "# $virusName\n";
            }
            print $fhOut "mv -v '$2' '$1'\n";
        }
    }
     
    close( $fhIn );
    close( $fhOut );
     
    chmod( 0700, $fileNameOut );
     
    # EOF
    
  • データベースとログのオーナが一致していないと正常に更新されない。
    • エラーメッセージ
      • その1
        /etc/cron.daily/clamscan:
        
        ERROR: Problem with internal logger (UpdateLogFile = /var/log/clamav/freshclam.log).
        /etc/cron.daily/freshclam:
        
        ERROR: Problem with internal logger (UpdateLogFile = /var/log/clamav/freshclam.log).
        ERROR: Can't open /var/log/clamav/freshclam.log in append mode (check permissions!).
      • その2
        No updates detected in the log for the freshclam daemon (the ClamAV update process).
        If the freshclam daemon is not running, you may need to restart it.
        Other options:
        
        A. If you no longer wish to run freshclam, deleting the log file 
           (default is freshclam.log) will suppress this error message.
        
        B. If you use a different log file, update the appropriate configuration file.
           For example:
                echo "LogFile = log_file" >> /etc/logwatch/conf/logfiles/clam-update.conf
                where log_file is the filename of the freshclam log file.
        
        C. If you are logging using syslog, you need to indicate that your log file uses the syslog format.
           For example:
                echo "*OnlyService = freshclam" >> /etc/logwatch/conf/logfiles/clam-update.conf
                echo "*RemoveHeaders" >> /etc/logwatch/conf/logfiles/clam-update.conf
      • その3
        Clamd was NOT notified: Can't connect to clamd through /var/run/clamav/clamd.sock
        LOCAL: Socket file /var/run/clamav/clamd.sock could not be bound: Permission denied
        Can't unlink the socket file /var/run/clamav/clamd.sock
        LOCAL: Socket file /var/run/clamav/clamd.sock could not be removed: Permission denied
    • /etc/clamd.conf
      User clamav
    • /etc/freshclam.conf
      DatabaseOwner clamav
    • /etc/logrotate.d/clamav
      create 644 clamav clamav
    • /etc/logrotate.d/freshclam
      create 644 clamav clamav
    • /var/clamav/
      /var/lib/clamav/
      /var/log/clamav/
      /var/run/clamav/
      ownerclamav
      groupclamav
    • ~/fixClamavOwner.sh
        0
        1
      
      #!/bin/bash
      chown clamav. -R /var/clamav/ /var/lib/clamav/ /var/log/clamav/ /var/run/clamav/

追加パッケージ

ベース, 開発環境

# yum -y groupinstall "Base" "Development tools"

Perl/CGI

# yum install gcc gcc-cpp gcc-c++
# yum install openssl-devel mysql-devel expat-devel
# yum install perl-YAML-Syck perl-libwww-perl perl-CPAN mod_perl

FontForge

  • FontForge
  • FontForge 自体は yum でインストール可能だがバージョンが古い。
  • ソースから configure する際、X11 の開発環境がないと警告が表示される。
    # tar jxvf fontforge_*.tar.bz2
    # cd fontforge-
    # ./configure
    ...
    *******************************************************************
    * This version of fontforge will only run scripts. No X libraries *
    * (or X include files or some such) were found so there is NO user*
    * interface!!!!! If you want a UI try installing X11 on your      *
    * system.                                                         *
    * Caveat: You will probably need to install two packages, the     *
    *  base X11 package and the developer SDK package                 *
    *******************************************************************
  • GUI有りでコンパイルするには X11 の開発環境をインストールする。
    # yum install libX11-devel libICE-devel libSM-devel libXi-devel freetype-devel libxml2-devel gettext-devel
    # yum install gcc-gfortran python-devel libpng-devel libjpeg-devel libtiff-devel libspiro-devel
  • コンパイル & インストール
    # ./configure
    # make
    # make install
  • cidmaps.tgzをダウンロードしインストールする。
    # cd /usr/local/share/fontforge/
    # wget http://fontforge.sourceforge.net/cidmaps.tgz
    # tar xzvf cidmaps.tgz
  • serif フォントのインストール
    # yum install liberation-serif-fonts
  • gnome メニューに追加
    /usr/share/applications/fontforge.desktop
    [Desktop Entry]
    Name=FontForge
    Comment=An outline font editor
    Exec=fontforge
    Icon=fontforge
    Terminal=false
    Type=Application
    Categories=Application;Graphics;X-Fedora;
    Encoding=UTF-8
    MimeType=application/vnd.font-fontforge-sfd;
    X-Desktop-File-Install-Version=0.15

logwatch

インストール

# yum install logwatch

メールの文字化け対応

  • /usr/share/logwatch/scripts/logwatch.pl
    --- logwatch_1.pl       2012-05-10 21:13:58.150740082 +0900
    +++ logwatch.pl 2012-05-10 21:15:29.666734718 +0900
    @@ -1050,12 +1050,12 @@
              if ( $Config{encode} == 1 ) {
                 $out_mime .= "Content-transfer-encoding: base64\n";
              } else {
    -            $out_mime .= "Content-Transfer-Encoding: 7bit\n";
    +            $out_mime .= "Content-Transfer-Encoding: 8bit\n";
              }
              if ( $outtype_html ) {
    -            $out_mime .= "Content-Type: text/html; charset=\"iso-8859-1\"\n\n";
    +            $out_mime .= "Content-Type: text/html; charset=\"utf-8\"\n\n";
              } else {
    -            $out_mime .= "Content-Type: text/plain; charset=\"iso-8859-1\"\n\n";
    +            $out_mime .= "Content-Type: text/plain; charset=\"utf-8\"\n\n";
              }
    
              if (($Config{'splithosts'} eq 1) && ($Config{'multiemail'} eq 0)) {

sendmail 失敗

Log Rotate

duplicate log entry

  • エラーメッセージ
    /etc/cron.daily/logrotate:
    error: freshclam duplicate log entry for /var/log/clamav/freshclam.log
    error: found error in /var/log/clamav/freshclam.log , skipping
  • /etc/logrotate.d/ 内で複数の設定から同一のログファイルを更新しようとしている。別ファイルに割り当てるように変更する。

vnc

GNOME

キーボード設定

  • キーボードを英語設定から日本語設定に切り替えられない。
  • /home/(ユーザ名)/.gconf/desktop/gnome/peripherals/keyboard/kbd/%gconf.xml
    「model」の値を「pc105」から「jp106」に設定する。

自動起動するアプリ

  • 「自動起動するアプリの設定」で「PackageKit 更新アプレット」にチェックが入っていると、GDMからログインする毎に root パスワードを求められるのでチェックを外す。
  • 「システム - 設定 - 自動起動するアプリ - PackageKit 更新アプレット」

BIND

root hint 更新スクリプト

  • /etc/cron.monthly/named.root_update
      0
      1
      2
      3
      4
      5
      6
      7
      8
      9
     10
     11
     12
     13
     14
     15
     16
     17
     18
     19
     20
     21
     22
     23
     24
     25
     26
     27
     28
     29
     30
     31
     32
     33
    
    #!/bin/bash
     
    new=`mktemp`
    errors=`mktemp`
    roothint=/var/named/chroot/var/named/named.ca
     
    dig . ns @198.41.0.4 +bufsize=1024 > $new 2> $errors
     
    if [ $? -eq 0 ]; then
        sort_new=`mktemp`
        sort_old=`mktemp`
        diff_out=`mktemp`
        sort $new > $sort_new
        sort $roothint > $sort_old
        diff -u --ignore-matching-lines=^\; $sort_old $sort_new > $diff_out
        if [ $? -ne 0 ]; then
            (
             echo '-------------------- old named.root --------------------'
             cat $roothint
             echo '-------------------- new named.root --------------------'
             cat $new
             echo '---------------------- difference ----------------------'
             cat $diff_out
            ) | mail -s 'named.root updated' root
            cp -f $new $roothint
            chown named. $roothint
            chmod 644 $roothint
            service named restart > /dev/null
        fi
        rm -f $sort_new $sort_old $diff_out
    else
        cat $errors | mail -s 'named.root update check error' root
    fi
    rm -f $new $errors
  • DNSサーバー構築(BIND)との差
    • root hint のパスを変数化。
    • diff を unified 形式に、From と To を入れ替え。
    • service コマンド。

ゾーン転送

  • /var/named/chroot/etc/named.conf
    • 許可
      allow-transfer	{
      	host1;
      	host2;
      };
    • 禁止
      allow-transfer	{ none; };
  • ゾーン転送動作確認(slave側で読み込めるかどうか確認する)
    • Linuxの場合
      # dig @<masterのホスト名> <確認したいドメイン名> axfr
    • Windowsの場合
      > nslookup
      > server <masterのホスト名>
      > ls -d <確認したいドメイン名>

監視スクリプト

  • named デーモンを監視し、必要ならば再起動する。
    • bind ソースに含まれる nanny.pl を使用する。
    • filenanny_tak.zip 再起動時に root 宛にメールする機能を追加。

エラー対応

  • 外部ドメインの名前解決できない場合の対策(検索結果のキャッシュに失敗している)
    • SELinuxの「Allow BIND to write the master zone files. Generally this is used for dynamic DNS.(named_write_master_zones)」にチェックを入れる。
      # setsebool -P named_write_master_zones 1
  • 「named: the working directory is not writable」対応
    # chmod 770 /var/named/chroot/var/named
  • dnssec エラー対応
    dlv.isc.org SOA: no valid signature found
    dlv.isc.org SOA: got insecure response; parent indicates it should be secure
    • 原因: forwarders で指定した DNS が dnssec に対応していない。
    • 確認: dig コマンドを実行し、ANSWER SECTION に RRSIG レコードが含まれていることを確認する。
      # dig +dnssec dlv.isc.org @(DNSのIPアドレス)
      # dig +dnssec dlv.isc.org @8.8.8.8
      (省略)
      ;; ANSWER SECTION:
      dlv.isc.org.            102     IN      A       149.20.16.8
      dlv.isc.org.            102     IN      RRSIG   A 5 3 300 2012...
      (省略)
    • 対策: forwarders には Google Public DNS など dnssec に対応した DNS のみを指定する。

OpenVPN

Bonding

  • 複数の NIC で冗長化を行っている状態で proto udp を指定すると「Replay-window backtrack occurred [x]」が大量に発生し接続が切れてしまう。
    • ボンディングモードを「0(round-robin)」ではなく「6(Active Load Balancing)」に変更する。
  • NICの冗長化

Tunneling

  • OpenVPN パッケージに更新があった場合は、トンネル設定を再度行う必要がある。
    • /etc/rc.d/init.d/openvpn
      行頭の # を削除し、有効化する。
      echo 1 > /proc/sys/net/ipv4/ip_forward
  • 仮想ネットワーク上のパケットを VPN サーバに転送するために
    • スタティックルーティングを設定する必要がある。
      宛先IPアドレス10.8.0.0/24
      ゲートウェイVPN サーバの IP アドレス
    • ファイアウォールで、同一インターフェース内のパケット転送を許可しなければならない場合がある。
      例) VPN サーバが DMZ に配置されている場合
      アクション許可
      受信インターフェースDMZ
      送信インターフェースDMZ
      送信元IPアドレスすべて
      宛先IPアドレスすべて
      プロトコル全て
      ポート全て

Apache


添付ファイル: fileletUnjail.zip 256件 [詳細] filenanny_tak.zip 309件 [詳細]

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 21 May 2018 15:48:16 JST (28d)