Node.js Quickstart

Google Calendar API の有効化

  1. ウィザードを使って、Google Developers Console に新規プロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトを選択する。「続行」をクリックする。「API が有効化されました」と表示されるので「認証情報に進む」をクリックする。
  2. API Managerで、該当プロジェクトの認証情報を作成する。「OAuth同意画面」タブを選択する。「メールアドレス」を選択し、「ユーザーに表示するサービス名 」を入力する。「保存」をクリックする。
  3. 「認証情報」タブを選択する。「認証情報を作成」ボタンをクリックする。「OAuth クライアント ID」を選択する。
  4. 「アプリケーションの種類」で「その他 」を選択し「名前」に「Google Calendar API Quickstart」を入力する。「作成」をクリックする。
  5. 作成された「OAuth クライアント」の「クライアント ID」と「クライアント シークレット」が表示される。「OK」を押して閉じる。
  6. 「JSON をダウンロード」ボタンをクリックして認証情報をローカルに保存する。
  7. ファイル名を「client_secret.json」に変更する。

クライアントライブラリをインストール

$ npm install googleapis --save
$ npm install google-auth-library --save

サンプルのセットアップ

  • filequickstart.zip
  • サンプルの実行
    $ node quickstart.js
  • 「許可のリクエスト」ページの URL が表示されるので、ブラウザの URL 欄にコピー&ペーストし、ページを開く。
  • 「許可」ボタンをクリック。
  • 表示された「コード」をコピーして、コマンドラインにペーストし、エンター。

添付ファイル: filequickstart.zip 164件 [詳細]

リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 15 May 2016 06:43:38 JST (828d)